園の花 常念寺保育園 あかるく ただしく なかよく
 
 

食事について





当園では園内での手づくりでの食事を実施しています。うす味ながら家庭的な味付けを大事にし、乳幼児期という特性をふまえながら、園児達の一生の食習慣を形成する役割を重視し、 保育内容のひとつとして位置づけています。

安全衛生や栄養などの質の確保を図ることを前提におきながらも、
食事やおやつの時間が子供にとって待ち遠しい、楽しいものでありたい。
子供がそのような状態におかれることによって、心が育まれるものと思われます。


又、栄養指導、クッキング保育を通して食育を展開、家庭でのお手伝い、
台所での親子の触れ合いへとつながればと考えおります。


子供の食事行動には母親等の心の状態が影響するといわれます。
保育所においても同様で保育士・調理担当者はゆったりとした気分で子供と向き合えるようにし食事をすること自体が子供の楽しみ・喜びとなるように心がけ、食事を通して子供の感正を豊かに育てていきたい。


食事目標
  1. 園食事を通して、天地の恵みを知り、食物に対する感謝の心を持ち、食物の、ここにもたらされた人々の苦労と、食物の生命をいただくことに対する、感謝の心を持つ。
  2. 『いただきます』という言葉に、お米にはお米の生命があり、魚には魚の生命
    があることに思いをいたし、感謝の心に通じることを知る。
  3. 食事保育を通して、子ども達の感性と味覚を養い、豊かな満ち足りた心を育む。
保育園における栄養給与量
 

3才未満児は1日の栄養所要量の50%を、3才以上児は40%を目安として
おります。残りをご家庭での朝食・夕食で摂るようにして下さい。


離乳食
  ご家庭との交換日誌で連携を密にし、子供たちの成長・健康状態をきめこまかく把握し無理なく進めております。子供はそれぞれに個性があるので、
基準に合わせた画一的な離乳にならないように、嫌がるときは強制せず、楽しくおいしく食事ができるような環境、雰囲気づくりをし、歯が生える時期の個人差を重視し、ゆっくりと離乳を進めております。


離乳食の進め方



3才未満児
  完全給食(主食+副食)・午前午後のおやつと牛乳
  ※手作りおやつ→おにぎり・焼きそば・スパゲティ・おやき・うどん等
   
3才以上児
  完全副食(主食持参)・午後のおやつ
  (カップケーキ・ヨーグルト・おやき・クッキー・芋菓子等)と牛乳

食事サンプル
もも・たんぽぽ組(0・1才児)離乳食
離乳食初期 離乳食中期
離乳食後期

すみれ組(1才児) うめ・さくら・ばら・まつ組(2・3・4・5才児)
1才児食事 2・3・4・5才児食

献立サンプル
  それぞれの月齢・年齢ごとの献立表の例をご覧いただけます。
  離乳食 初期6ヶ月~
  離乳食 中期8ヶ月~
  離乳食 完了期12ヶ月~
  すくすくゾーン(1・2才児)
  なかよしゾーン(3・4・5才児)



 
 
copyright
園の概要
園の紹介
園の取り組み
特徴ある保育
食事について
今月のお知らせ
子育て支援
フォトアルバム
今年度研究テーマ
常念寺保育園 HOME