園の花 常念寺保育園 あかるく ただしく なかよく
 
 

平成31年1月のお知らせ

保育園からのお知らせ
 
 

 新しい年を迎えた喜びとともに、友だちと尊敬し合う心を育て、いたわり・いつくしみ・やさしさをもち続ける心を育んでまいりたいと思います。
そして、これからの世代を背負って立つ人として、正しいものの見方・考え方・生き方がしっかり身に付くよう、職員一同、心を一つにして努力してまいります。今年も皆様の温かいご理解とご協力をお願い申し上げます。
 1月は室内でのお正月遊びを通して、遊びのルールを知ったり、言葉や文字への関心を深めていく一方、アスレチック大会、戸外遊びを存分に行い、寒さに負けないたくましい身体づくりに励んでまいります。
 すくすくお楽しみ会では、お子さんの保育園での生活発表の場となります。
お子さんの一年間の成長をご覧いただきながら、ご父母同士の交流の一助になればと願っております。

 
 

常念寺保育園理念
1.  生命尊重の保育を行おう。
 み仏さまのおまもりを信じて、いつも明るく
2.  正しきを見て、絶えず進む保育を行おう。
 規律ある生活をよろこんで、いつも正しく
3.  良き社会人をつくる保育を行おう。
 おたがいに手をとりあって、いつも仲よく


常念寺保育園保育目標

・常に創造的に生きる知性を持つ人
・他を思いやる感性を持つ人
・前向きな姿勢を崩さず意欲を持つ人
・仏の救いを信じて、自発的に念仏の申せる人に
                  になることを目標とします。

保育の目標に沿った保育内容、そして樹木があり花が咲き、鳥や蝶が舞う、満ちあふれた自然の中で現在を最もよく生き、未来をつくり出す力の基礎を培わせてまいります。そして子どもがすこやかに成長し、その活動がより豊に展開される為の援助をして参ります。


1月のお言葉

『和顔愛語』(わげんあいご)

●寒さに負けず、仲良く遊ぼう

寒いとき、つらいとき、悲しいときでも、くじけてなさけない顔をしてはいけない。
どんなときでも明るい笑顔を忘れず、仲よくしよう。
和顔とは、おだやかな優しい顔つきをすることであり、愛語とは、思いやりのあるあたたかいことばづかいをすることです。このねらい通りの生活ができれば、微笑みや、笑いの多い生活となることでしょう。
昔から『笑う門には福来たる』といいます。笑うことは、まわりを明るくし、いやなことも吹き飛ばしてしまう力があるように思います。
新年にあたり、おだやかな表情をするように努め、優しいことばづかいを心がけることによっておたがいにわらいのたえない、楽しい生活をおくりましょう。



保育園 今月の行事
平成31年1月の行事
1(火)
~4(金)
年末年始休園日
7(月)
朝のお集まり
仏様の教えに触れ、感謝する心、思いやる気持ちを培っています。
10(木)
まつくみクッキング「うどんづくり」
食材の変化などの調理過程を楽しみながら、食べ物を作るという共同作業を楽しみます。上手に包丁もつかえるかな?
11(金)
体操教室
今年初めての体操教室。跳び箱に挑戦!!うまく飛べるかな。
15(火)
非常訓練
雪が降っているときの火災の避難の仕方、命の守り方を学びます。
17(木)
なかよし誕生会
みんなが1つ大きくなる喜びを味わい、周囲の人々に感謝の気持ちを持ってセレモニーを行います。
19(土)
すくすくお楽しみ会
一年間の成長を感じ友だちや保育者といっしょに遊ぶ姿や様々な表現遊びを通して感性豊かに成長した子供たちの姿をご覧ください。どんなかわいらしい姿が見られるかな?おたのしみに!
25(金)
体操教室
目標を持って挑戦したり、自信を持ってダイナミックに運動遊びを楽しみ、心も体も鍛えながら体操教室を楽しみます。
29(火)
すくすくお誕生会
今月は、雪あそび。雪国ならではの冬のあそびを満喫します。
31(木)
まつくみ金峰雪あそび
まつくみだけのお楽しみ。金峰の雪山で、チューブ滑りを楽しんできます。
2/1(金) 豆まき大会(世代間交流)
2/23(土) ひなまつり発表会(なかよしゾーン)

【発育測定】
毎月身体測定を行い、大きくなったことを喜び、食育や活動につなげていきます

1/ 7(月) まつくみ
1/ 8(火) さくらくみ
1/ 9(水) ばらくみ
1/15(火) うめ1・2くみ
1/17(木) いちご・たんぽぽくみ
1/21(月) もも・すみれくみ


保育目標

    【いちごくみ・ももくみ】(0歳児)

  • 生活リズムを整え、健康的に過ごす。
  • すくすくお楽しみ会を通して、親子でのふれあいや表現を楽しむ。
  • 絵本や手遊びに親しみ発語を促し、保育士や友だちとのやりとりを楽しむ。
  • 【たんぽぽくみ・すみれくみ】(1歳児)

  • 個々の生活リズムを整え、元気に過ごす。
  • 冬の自然に触れ、雪あそびや冬ならではのあそびを楽しむ。
  • すくすくお楽しみ会で、親子との触れ合いや発表での表現あそびを楽しむ。
  • 【うめ1・2くみ】(2歳児)

  • 冬ならではのあそびを喜び、自然や季節の変化に興味・関心を持つ。
  • 保育者や友だちと一緒に、歌や楽器あそびに親しみながら表現する楽しさや喜びを感じる。
  • 【さくらくみ】(3歳児)

  • 冬に必要な生活習慣を身に付ける。
  • 冬の自然事象に興味を持ち、見たり触れたりして親しむ。
  • 簡単なルールを守りながら、友だちと一緒に体を動かして遊ぶことを楽しむ。
  • 【ばらくみ】(4歳児)

  • 冬の自然現象に興味をもち、寒さに負けず十分に体を動かし健康的に過ごす。
  • 正月の伝統行事を知り、季節の遊びを楽しむ。
  • 友だちと一緒に遊ぶ楽しさを実感し、仲間意識を高める。
  • 【まつくみ】(5歳児)

  • 就学に向けて生活習慣を見直し、一日の見通しをもって生活する。
  • 冬の自然事象で不思議に思ったことを調べたり、試したりしようとする。
  • 友だちと、互いの良さを認め合ったり、相手の思いを受け入れたりしながら、協力して活動する中で関りを深める。

1月の食事目標

★寒さに負けない丈夫な体を作りましょう。★

  新しい年を迎え、ご家族一緒にどんなお正月をお過ごしですか?
お正月ならではの遊びも含め、大いにスキンシップをはかりたいものです。休み中は、食べすぎや飲みすぎ、遊びやテレビによる夜更かしの機会も多くなり、生活リズムが乱れ、体の調子をこわしやすくなります。無理のない計画を立て、楽しく、健康で安全な休暇を過ごしたいものです。
 お正月といえば、“おせち料理”ですね。普段は忙しくてじっくり煮物などに取り組めなくても、お雑煮、おせちを作る風習はまだまだ根付いていると思います。黒豆はマメに健康であるように、ごまめは田づくりともいわれ、たくさんのお米が取れるように、昆布は喜ぶ、きんとんや伊達巻などの黄色いものは、黄金色と言ってお金が儲かりますように、と昔の人が作物の豊作を祈り、家族の健康を願って作り、食べたということです。ご家庭でも、手作りで一品いかがですか?
今月は、お正月ならではのメニューも含め、家庭のぬくもりが感じられる手作りの味、伝えていきたいと思います。


 常念寺保育園地域子育て支援センターからのお知らせはこちら

 
 
copyright
園の概要
園の紹介
園の取り組み
特徴ある保育
食事について
今月のお知らせ
子育て支援
フォトアルバム
今年度研究テーマ
常念寺保育園 HOME